recruit_main2

事業企画の仕事

いわゆる一般的な営業と異なるのは、「営業」に加え、「購買」および「企画」という役割も果たさなければならないことです。ここで言う「購買」とは、製品に使われる部品を協力会社から購入すること。言うまでもなく、部品は高品質かつローコストでなければならず、そのために協力工場の指導をしたり、新しい協力工場を探し出すといったことも大切な仕事になってきます。もう一つの「企画」ですが、これもまたメーカーにとっては生命線と言えるものです。営業が仕事の依頼をうけたとき、どれだけコストがかかるかわからないとお客様と価格交渉ができないため、コストを算定し、コスト情報を呈示することが必要になってきます。さらに利益を確保するための目標コストの設定・購買への購入価格の見直し依頼なども行います。いわゆる、対外・対内のコストをコントロールする業務が企画です。さらに「営業」という仕事自体、たくさんのお客様を相手にする自動車や住宅の営業と違い、デンソーという1社が相手(部門はたくさんありますが)。それだけに日常的な情報交換が重要になってきます。つまり事業企画は神星工業の事業戦略にとって、重要な役割を果たしているのです。

営業・購買・企画すべてを担当している関係上、お客様とどれくらいの価格で交渉すれば、協力会社からどれくらいの価格で購入すれば利益がでるか一目瞭然にわかります。ですから高い値段で交渉(売り)でき、安いコストで交渉(購入)できたときの喜びは、おそらく他の企業では味わえないものでしょう。企画の仕事で、自分が企画(立案)した目標コストに対して関係部署すべてがその目標に向かって活動する点でもやりがいを感じます。営業では、1つの製品を受注できれば何年かの売上が保証されるため、受注できたときの喜びがまた格別です。