recruit_main2

品質保証の仕事

検査、クレーム対応といった日常の品質保証のほかに、プロジェクト的な改善活動にも品質保証の立場から参加するのが、神星工業の品質保証部門です。お客様から絶えずコストダウンの要求が寄せられるため、すべての部門で原価削減のための改善やプロジェクトが進められますが、もちろん品質をないがしろにしていいわけではなく、品質を保ったまま、あるいは高めながら原価を下げていくことが求められます。その管理をしていくのが品質保証部門の役割なわけです。ある改善をする場合、その改善によって品質が損なわれることはないか、もっと他に方法はないかを検証し、高品質&ローコストを実現していく仕事とも言えます。「何のトラブルがないことは品質保証が機能していることの証」とか「品質保証の仕事は目立たないことがベスト」とかいう言葉はそのあたりのことを指しています。だからといって後ろ向きの部門なわけでは決してありません。不良が多いことは利益を失っているのであり、不良が少ないことはその分、利益を創出しているのと同じというのが神星工業の考え方。神星工業にあっては品質保証部門はプロフィットセンター=利益創出部門と考えられています。

デンソーから移管される新規製品の品質保証の仕事に関わっています。移管後の社内での品質保証体制の構築、改善度合いの確認、さらに出荷保証するための検査企画書の作成など、ハードな内容をこなしています。とはいえ経験が浅いこともあり、まだまだ勉強中の身。最近の品質保証はいかにコストをかけずに不良率を下げていくかが求められており、それだけにクリアすべきハードルがきわめて高いのが現実です。知識、経験を含め自分の力不足を感じますが、逆にそれだからこそクリアしたときの達成感はきっと大きいだろうなと思っています。