recruit_main2

管理の仕事

管理の仕事は実にさまざまです。総務の仕事もあれば、経理があり、人事もあり、経営企画や情報システム、購買の仕事も入ってきます。とはいえ技術や製造、品質保証などの仕事と比べると、目立たない、つかみどころのない仕事のように思えることは確か。でも、本当にそうなのでしょうか。よく経営の4つの資源ということが言われます。人、物、金、そして情報。この4つがすべてそろっていなければ経営は成り立たないという話ですが、この4つの資源に最も深く関わっているのが、実は管理の仕事なのです。人の採用や育成は人事の仕事ですし、物は総務や購買が担当します。金はもちろん経理。そして情報は情報システム。つまり管理の仕事があってはじめて経営の4資源がうまく機能し、企業活動が円滑に動き出すというわけです。管理にはいろんな職種がありますが、それぞれ専門的な知識に裏打ちされたプロフェッショナルとしての能力が必要です。

入社してから管理の仕事をしてきましたが、入社して4年後に結婚をしました。その後も同じように働いていたのですが、長男と長女を出産した際は産休と育児休暇を取らせていただきました。長男の時は事情があって10ヶ月ほどでしたが、長女の時は1年(今は制度が変わって3年間になりました)。休暇後に再び管理の仕事に戻り、育児をしながら、毎日がんばっています。私のような社員は現場にも多いので、育児をしながら働いている人に対する職場の理解は深まっていると感じます。ずっと育児に専念するよりも、仕事と育児の両方が経験できることで気分転換にもなります。私自身、この会社で働けるだけ働きたいと思っています。